税理士は大手の事務所に就職します

国家資格である税理士になっても、その就職は簡単ではありません。
多くの人が大手の事務所に就職します。
安定した顧問先があって、安定した給料を得られるからです。
開業しても顧問先がなければ経営はできません。
そのため、将来的には独立して開業を目指す税理士も、資格を取得してから当面は大手事務所に勤務して経験を積むことが一般的になっています。
世襲を前提としている場合には、親が経営している事務所に就職することになりますが、税理士の子供であっても国家試験に合格しなければなりませんので、親の跡継ぎになるのは容易ではありません。
親が築いた顧客基盤を継承できることにはメリットがありますが、国家試験に合格することが前提になります。

生前対策を行いませんか?

大阪で税理士をお探しの方はコチラまで